ソファーはふかふかのものだけではない

ソファーは住人や自宅への来客がゆったりとくつろぐためにつくられたものであり、その起源は18世紀のフランスにあるといわれています。背中とひじの部分に詰め物をしてくつろげるようにし快適な会話をするのに適しておったため、宮殿や各家庭に広がったといわれています。現在のわれわれの感覚でいくと、ソファーはふかふかで気持ちの良いものだとのイメージがありますが、決してそれだけではないようです。例えば、座ることもできるが寝るために使う事もできるソファーもあります。その場合ふかふかにしていると寝心地が悪い為、どちらかというとベッドのような感覚で少しかために作られたものもあります。時と場所、使い方によって様々な素材が選ばれるため、その内容というのは千差万別のようです。一人掛けのソファーもあれば、2.3人が一度に座ることができるものもあります。


また、国によってその呼ばれ方も様々であります。北米ではカウチと呼ぶことがあったり、フランスではカナベと呼ぶことがある。座れる人数や形状、国や地域によってその名前も様々なようです。素材も同様で、本革、人工革、布張りのものもあります。内側ではクッション、コイルバネ、スポンジ、ウレタンなど様々です。そのソファーがふかふかになるかならないかは、内側の素材によって左右されるでしょう。家具なので、それを所有している家によってそのクオリティーも様々でしょう。豪華な装飾をあしらえ、凝った彫刻が入れられているものもあれば、無地でシンプルなものまであります。一般の日本人家庭であれば、みんなが集まるリビングなどに数人掛けのものがおいてあり、テレビを見て団らんしたり食事のあとにゆっくりしたりとのイメージがあります。中には足を延ばして座るために、足を置くためのものもありますが、これは少しゴージャスな印象があります。最近は外国家具メーカーが日本にも多数進出していることもあり、おしゃれなものも多くなってきました。量販店が多数でてきていることにより、その価格もおどろくほど安くなったのではないでしょうか。現在の日本人は西洋文化に慣れ親しんでいるので、元々の日本家屋で育った人の方が少ないのではないでしょうか。


一生を畳の上で過ごす人もまれかと思います。そうなると、やはり一家にひとつソファーがある家庭も多いかと思います。ふかふかのものからかたい寝椅子まで、様々な形態、素材、価格のものがあります。用途や予算により、そのすわり心地を楽しませてくれるソファーです。